teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ササメタケが咲いた!!

 投稿者:Qドマニア  投稿日:2017年 5月17日(水)12時22分57秒
  大変です!!!
ササメタケの花が咲きました!!!
パゴスが現れます!!
皆さん気をつけてください!!!
http://www.news24.jp/articles/2016/06/10/07332351.html
 
 

新刊に当サイトが

 投稿者:ヌカスケ  投稿日:2016年 7月25日(月)10時42分49秒
  ご無沙汰しております。
小野俊太郎著『ウルトラQの精神史』14ページに各種参考文献が列記されています。
■ヤマダ・マサミ著『ウルトラQ伝説』
■白石雅彦著『「ウルトラQ」の誕生』
●大西耕平『ウルトラQ全記録』
●Qちゃん『光跡』
 

あけてくれリアルタイム派

 投稿者:バルンガ  投稿日:2016年 7月19日(火)19時44分7秒
  10数年振りに投稿する風船怪獣バルンガと申します。

『あけてくれ』をリアルタイムで観たと確信していた者でしたが、その後の記憶調査でどうやらウルトラQのテレビコマーシャルに『あけてくれ』の一部シーンが放映されていたことを思い出しました。
この記憶が長い事『あけてくれ』リアルタイムの思い込みを作っていたんですね・・・

いやぁ、今年はウルトラQ放映50周年です。
丁度50年前の今頃にウルトラQの放送が終り、代わって『ウルトラマン』の放映が始まったんですね・・・。

ウルトラQは50年前(1966年)における日本を移した貴重な映像の宝庫でもあります。
カラー盤観るのもよし、シロクロ盤で観るのもよし、
どうぞ今後も20世紀の映像遺産を堪能してください。
 

白黒テレビ世代

 投稿者:MGL  投稿日:2015年11月 2日(月)11時43分17秒
  私は白黒テレビ世代で、『Q』はOPの曲とナレーションが強く印象に残っています。カネゴンなどはたぶん、後追いの記憶で、ほとんど内容は覚えていません。『Q』じゃないですが、『ブースカ』がすごく好きでしたね。

『Q』の二話「五郎とゴロー」をYoutubeで(たぶん初めて)観ました。金城氏の脚本だけに、虐げられた者の悲哀が描かれ、「今のテレビとは違うなァ」と思いました。テレビは白黒が良いと思います。で、映画はカラーだと差別化ができて良いなァって思います(無理な話ですね)。

昭和50年頃、ほとんどの家庭がカラーテレビに移り変わってしまったと思います(まだまだリモコンが有線でしたね)。あらゆるもののデザインが、なんかとっても野暮な時代でしたが、それだけに未来への夢があふれていたように思います。

http://www.tinami.com/creator/profile/57458

 

東京MX

 投稿者:ななし  投稿日:2015年 6月29日(月)00時34分30秒
  東京MXTVを見ながらの投稿です。
セリフがイマイチ聞き取れない(深夜音量・・)ので
こちらの記事が大変助かってます。
ウルトラQはロケに母の母校も使われたそうで
当時のロケ地を探すのも面白かったり・・
今日は「第26話 燃えろ栄光」
赤坂プリンスホテルがチラッと見えましたね。
 

細かいことですが

 投稿者:鈴木昌生  投稿日:2015年 6月15日(月)20時01分49秒
  あっこさん,初めまして。
失礼とは存じますが,題名は「悪魔ッ子」です。よく誤記されるような印象がありますが。
あのリリーは「怪獣」に分類されるようですが,一般的な「怪獣」とはやはり異なるように私は感じます。「怪奇現象をリアルに描いた回」ですね。いい意味で,自由な作風が感じられます。
後々の巨人ヒーローシリーズの第一作になるとは,製作時点では予想していなかったからでしょうね。
 

悪魔っ子

 投稿者:あっこ  投稿日:2015年 6月12日(金)15時19分48秒
  オルゴールと催眠術で眠る少女の分身が、少女と線路を並んで歩くシーン、
その神秘さ、不気味さは子供心に忘れられませんでした。姉妹や友達と、ウルトラQの中で一番印象に残っているものとして、ほとんどの人がこの話を上げました。
何十年ぶりに見てみて、やっぱり鳥肌が立ちました。この雰囲気づくりの凄さ、感心します。そして、子役の女の子の、なんとも言えない奇妙な可愛さ!
素晴らしい魅力でした。(今、どんな女性になっていらっしゃるでしょう。当時のお話を聞きたいです。)
ここでウルトラQの感動を分かち合うことができ嬉しいです。ありがとうございました。
 

お悔み

 投稿者:大西耕平  投稿日:2015年 5月 9日(土)18時23分25秒
  クモ男爵に出演された滝田裕介さんが5月3日にお亡くなりになったそうです。84歳だったそうです。謹んでご冥福をお祈りいたします。  

ゴメスを倒せ

 投稿者:古市幹男  投稿日:2015年 2月28日(土)19時58分29秒
  江原達怡は東宝ニューリーダー格13人衆(小泉博・久保明・佐原健二・江原達怡・平田昭彦・土屋嘉男・藤木悠・中丸忠雄・太刀川洋一・伊藤久哉・児玉清・野村浩三・船戸順)の中では、何故か東宝特撮に縁のなかった人。それがウルトラQの(記念すべき)第一作に登場しており、感慨ひとしお。この話は「ゴジラ対ラドン」だなと思っていたが、あながち空想でもない。怪獣は年をとらない。三大怪獣でいちばん不遇なラドンを再度、タイトルへ、と思います。  

Re:おじゃまんが山田くん

 投稿者:ぽんたか  投稿日:2014年10月26日(日)20時36分54秒
  ヌカスケ様
 作中でのBGMにウルトラQメインテーマが使われていた件、私もおぼえています。これ著作権だいじょーぶなのかと思って見てましたが、問題なかったんでしょうかね。まあ当時は「アニメーターのお遊び」が許された時代でしたし、なにかとゆるかったんですかかね。
 

ガックシ

 投稿者:徳田峰彦  投稿日:2014年 3月 4日(火)05時41分23秒
  1958年生まれで、ウルトラQ大好き、特にケムール人が大好きだったのですが、大学からアメリカに引っ越して、アウターリミッツのThe Galaxy Beingのもろパクリだと分った時は大ショックでした。  

おじゃまんが山田くん

 投稿者:ヌカスケ  投稿日:2014年 2月20日(木)23時16分59秒
  皆様、明けまして、お久しぶりです。
既出情報かもしれませんが、ふと思い出したことを書きます。
1980年秋から放送されたテレビアニメ「おじゃまんが山田くん」(原作・いしいひさいち)の中で、「ウルトラQ」主題曲が結構しょっちゅう掛かっていたのを覚えている方います?
流用ではなく新録で、しかし似ているなどという次元ではなく正にあの曲そのもので、よりスローで単調化した曲でした。
「おじゃまんが山田くん」BGM集CDって出てないですか?
 

情報ありがとうございます。

 投稿者:大西耕平  投稿日:2013年12月16日(月)08時06分25秒
  ゼロンさま

再放送の情報ありがとうございます。
メールでいただいたのですが、返信先がはっきりわからなかったのでこちらでお礼申し上げます。
 

2020年の挑戦

 投稿者:大西耕平  投稿日:2013年10月21日(月)14時34分29秒
  私たちウルトラQリアルタイム世代にとって「2020年」って特別な年だったような気がします。
はじめて「2020年の挑戦」を見たとき、2020年なんて空想の世界の時間で、はるか未来の時間のことでした。
なんといっても私たちの当時の「未来」は「21世紀」=「2001年」(当時は2000年だと思ってましたが...」であり、その時代も私たちとは別の時空に存在するものだと思っていたのですから。
時代が進んでいく中で時々「2020年」という時間のことを耳にすることもありました。
一番印象深いのは「2020年」の高齢化社会のこと。
日本の人口の50%以上が65歳以上の世界だとか...
まさしく「2020年の挑戦」のケムール星のことのように感じたのを思い出します。
そんな時代をまさかリアルに体験することになるとは...さらにその年に東京オリンピックが実現することになろうとは^_^

さて、現在の「ウルトラQ全記録」は中途半端なまま放置されたような状態です。
この掲示板にも貴重な情報をたくさんお寄せいただいているにもかかわらずなにも反映できず、何度かサイトの閉鎖を考えたりしましたが、それも思い切れずに放置状態が続いています。
「ウルトラQ」はカラー化されたり、新作が作られたり、ずっと夢見てきたことが実現されてきているのですが、その度に1966年のオリジナルの「ウルトラQ」が希薄になっていくような気分に襲われたりもしています。
いつか手元にある情報をキチンと反映させて私にとっての「ウルトラQ全記録」最終版を完成させたいという気持ちはあります。
まだまだ時間がかかりそうですが、気長におつきあいいただければ幸いです...できることなら2020年の完成を目指せればいいのですがwww
 

ウルトラQと東京オリンピック

 投稿者:DAIBA  投稿日:2013年10月12日(土)21時39分39秒
  ヌカスケ様
こちらこそ、初めまして。
そうですか、「特撮シアター」の事、ご存知でしたか!
何だか、すごく嬉しいです。

その日テレビで「大巨獣ガッパ」の放送があった事は、私の日記にもしっかり書いてありました。
帰宅後見ていたみたいで、「ロケとセット撮影の違いがハッキリ分かる映画であった…」とか
「ラストの歌はいただけない…」なーんて、すごーく上から目線の感想と一緒に・・・(^_^;)

管理人様
覚えて頂いていて、光栄です。
実は「DAIBA」というハンドルネームに変えてからあまり書き込まなくなっていましたので、
改めて自己紹介させて頂いた次第です。
今後も、ちょくちょくお邪魔させて頂きます。m(__)m

ところで、話は変わりますが…
もう周りの興奮も落ち着いてきましたが、東京オリンピックが決まりましたね。

1964年の東京オリンピックで有名になった「ウルトラC」という言葉から「ウルトラQ」が
生まれ、その中で「2020年の挑戦」という作品が作られ、そしてその2020年にまた、
東京オリンピックがやって来る!って何か、一人勝手に興奮してます。(^^♪

こうなったら、聖火ランナーの最終走者は「ケムール人」で!…って、んなワケないか・・・
 

みなさん、ご無沙汰していますm(_ _)m

 投稿者:大西耕平  投稿日:2013年10月12日(土)20時02分53秒
  はんぺんさん
ご提案ありがとうございます。
クレジットに記載されていない方は結構多く昔は未掲載出演者を別項目で紹介してたんですが今は全体が中途半端のままで申し訳ありません。いつかキチンとまとめたいと思ってるんですがなかなかままなりません(^^;;

DAIBAさん
貴重な情報をありがとうございます。
DAIBAさんって「DAIBAさん」の名前で書き込みされていた時期がありませんでしたか?
なんかおぼろげな記憶があるんですが…
 

DAIBA様

 投稿者:ヌカスケ  投稿日:2013年10月12日(土)19時45分55秒
  初めまして。

1981年12月25日上映会「特撮シアター」は行きたかったのですが、その日は「大巨獣ガッパ」テレビ放映の方を取りました(行けば良かった)。
同年8月1~2日の全28話上映会は2日途中から行きましたよ。

いちせ会「闇が来る!」オープニングは「東映から発売された8ミリフィルム流用だ」と思った記憶があります。
僕はフィルム購入して持っていましたが、最初タイトルで下部に「東映株式会社」と数秒出るんですよね。
その下部だけ避けたアップから途中引いて「ウルトラQ」「闇が来る!」。

そうそう、当サイト記録に8ミリフィルムあります?
ペギラ・カネゴン・ガラモン(逆襲編)・ケムール人・ラゴン5話分ダイジェストで確か9800円だったかな?
少ない小遣いから買うのは大変でした。
 

「闇が来る!」上映会当時の日記

 投稿者:DAIBA  投稿日:2013年10月 5日(土)21時55分24秒
  管理人様
大変、ご無沙汰しています。
以前、「怪獣おぢさん」というハンドルネームで何度かお邪魔していました、
「怪獣おぢさん」改め、「DAIBA」です。

以前、「ウルトラQ・№29闇が来る!」のストーリーをご紹介させて頂いたのですが、
実はこの前、実家を掃除していましたら、この上映会に行った当時の日記を見つけまして、
嬉しくなって久しぶりにお邪魔させて頂きました。

当時の上映リストを日記に書いていましたので、ご参考に紹介させて頂きます。
日時は1981年12月25日、場所は大阪梅田での無料上映会だったようです。
以下、上映作品リストです。
1.ゴジラ・ダイジェスト版
2.ウルトラQ(TBプロ)
3.ウルトラセブン・放浪の果てに(河崎プロ)
4.ニコニコ仮面(特撮クラブ)
5.ウルトラQ・ダイジェスト版
6.ウルトラQ№29・闇が来る!(一瀬会)
7.アタック・オブ・ザ・マクドナルド(特撮クラブ)
8.理想郷伝説予告編(一瀬会)
9.天皇陛下の石川浩二(フジプロ)
10.特撮大会オープニング・フィルム(高貴準三)
以上10作品で、休憩時間にはウルトラセブン№12やウルトラマン最終回のテープ音声が
流れていたようです。

「闇が来る!」以外にも「ウルトラQ」とタイトルの付いたものがあった事は
すっかり忘れていたのですが、日記によるとパロディー作品のようで、
ストーリーは分からないのですが、モロに紙コップと分かるコンビナートが
燃えているといった、笑える作品だったようです。

上映会全体的に非情に満足だったようで、各作品とも詳細に感想を書いていました。
以上、約32年前の怪獣おぢさんからのご報告でした!
 

ウエショーさん

 投稿者:はんぺん  投稿日:2013年 6月15日(土)16時02分58秒
  「地底超特急西へ」の上原正三さん、キャスト一覧に加えても良いのではないでしょうか?
この手のいわゆる「内トラ」、探せばまだ出てくるかも知れませんね。
 

とんでもないです

 投稿者:大西耕平  投稿日:2013年 6月 5日(水)11時14分43秒
  ドワーフバンブルビーさん、差し出がましいことなどありません。
「田中順一」さんのスーパーが誤植だったこと、田中さんの経歴などたいへん貴重な情報です。
今後とも気づかれたことがあればお気軽に書き込んでください。
よろしくお願いいたします。
 

そうでしたか

 投稿者:ドワーフバンブルビー  投稿日:2013年 6月 4日(火)16時56分30秒
  作品スーパーに準じているとは知らず、
差し出がましい投稿を致しまして、失礼致しました。



 

総天然色ウルトラQ初放送

 投稿者:大西耕平  投稿日:2013年 5月 3日(金)07時55分42秒
編集済
  本日からWOWOWで総天然色ウルトラQ全話がテレビで初放送されます。
5/3(金)~5/6(月) 午前9:00~

http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/103090/index.php

 

ありがとうございます

 投稿者:大西耕平  投稿日:2013年 5月 3日(金)07時51分11秒
  ドワーフバンブルビーさん、貴重な情報ありがとうございます。
「田中順一」と表記しているのは、実際の作品中のスーパーに準じています。
本当のお名前は「淳一」さんなのですね。
ウルトラQのスーパーには他にも「大村千吉」さんが「大林」と表記されていたり脚本の「千束北夫=飯島敏宏」を「北男」するなど表記の間違いがいくつか存在しています。
 

1/8計画の出演者の方の御名前が間違っています。

 投稿者:ドワーフバンブルビー  投稿日:2013年 2月14日(木)23時49分41秒
  http://ultraq.web.fc2.com/story_17.htmlのページ、

1/8計画に「太った男」として出演されている俳優さんの御名前が「田中順一」さんとなっていますが、

「田中淳一」さんの間違いです。

1921年に生まれ、森川信さんの御弟子さんとなり、1977年に55歳でお亡くなりになりました。

他にも多数の映画に御出演なさっているので、間違いありません。
 

ペギミンKさん、ありがとうございます

 投稿者:大西耕平  投稿日:2013年 1月16日(水)08時49分16秒
  オリジナルのことを考えると格安ですし、特典もスゴイですね。
買うか、相当迷ってます^_^;;
 

講談社のテレビ絵本 ウルトラQ

 投稿者:ペギミンK  投稿日:2012年12月 6日(木)11時17分44秒
  講談社のテレビ絵本 ウルトラQ が完全復刻されるそうです。

http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68321056&tr=s

内容はもちろんのこと特典が素晴らしいと思います。
 

ありがとうございます

 投稿者:大西耕平  投稿日:2012年11月 5日(月)15時54分29秒
  すっかり、ここから離れていました。
k様、ウルトラマン俺様、ゼロン様、情報ありがとうございます。

いろんな事情もあってサイトも引っ越しをして更新も滞っていますが、時間が取れるようになったら情報を更新したいと思います。
それまでしばらくお時間をください。

よろしくお願い申し上げます。
 

ウルトラQの再放送について(追記あり)

 投稿者:ゼロン  投稿日:2012年10月29日(月)20時56分31秒
編集済
  はじめまして。

いつも当サイトを拝見しております。
福島、宮城地区における「ウルトラQ」の再放送状況がわかりましたので、
参考にしていただければ幸いに存じます。
(参照・福島民報マイクロフィルム、および縮刷版)


福島テレビ (FTV)
 昭和44年12月26日 ~ 昭和45年2月5日
 月曜 ~ 金曜 17:15 ~ 17:45
   (1月1日、2日は正月特番のため休止)
 放送順は昭和45年のフジテレビと同一。


テレビユー福島 (TUF)
 平成3年3月30日 ~ 10月19日
  毎週土曜06:00 ~ 06:30
 (4月13日はゴルフ中継、9月7日はテニス中継のため休止)
 番組表にサブタイトル表記がないので放送順は確認出来ませんが、
 本放送に準じていたと記憶してます。


東北放送 (TBC)
 昭和42年7月6日 ~ 昭和43年1月11日
 放送時間、および放送順は同日のTBSと同一。

(追加)
東北放送では
 昭和46年6月15日 ~ 昭和46年7月27日
 月曜 ~ 金曜 17:00 ~ 17:30 でも放送されているようです。

 こちらについては
 以下の回以外の放送順はタイトル記載がないので不明です。

 7月6日  海底原人ラゴン
 7月8日  変身
 7月16日  クモ男爵

それから、
昭和41年1月21日 福島民報 朝刊に

「ウルトラQ」 隠れた名優中島春雄
 怪獣スターに誇り
 カメラと息ピッタリ

の見出しで中島春雄氏の紹介記事が掲載されてます。





 

 

情報

 投稿者:ウルトラマン俺  投稿日:2012年 6月17日(日)16時00分46秒
  2013年よりwowowでウルトラQの新シリーズスタート

http://www.wowow.co.jp/drama/ultra/
 

情報

 投稿者:k  投稿日:2011年10月24日(月)18時57分14秒
  NHK BS2 熱中スタジアムで総天然色ウルトラqのガラダマ ガラモンの逆襲 カネゴンの繭 が紹介されていました。  

総天然色ウルトラQ

 投稿者:大西耕平  投稿日:2011年 9月 3日(土)17時51分19秒
  先日発売されたボックスをじっくり見ました。
そこで気づいたのは、「マンモスフラワー」と「クモ男爵」の中で思いがけなく映り込んでいた人の手が消されてました。
 

ありがとうございます。

 投稿者:大西耕平メール  投稿日:2011年 8月 5日(金)14時41分30秒
  鈴木様
情報、ありがとうございます^_^
で、さっそく注文しました♪
 

マンガショップ版ウルトラQ9月発売

 投稿者:鈴木昌生  投稿日:2011年 8月 1日(月)22時23分53秒
  1年前に予告されたマンガショップのウルトラQですが,カラー化に合わせて発売するつもりなのかのか同社ホームページにやっと詳細が発表されました。「昭和のテレビコミック・ウルトラQ」と題して9月発売です。上巻は中城健太郎氏の作品が収録され,また下巻は鬼童譲二氏並びに古城武司氏の作品収録となりますが,こちらは未制作の「火星のバラ」が収録されるほか,桜井浩子氏インタビューも掲載されるそうです。  

ありがとうございます。

 投稿者:大西耕平メール  投稿日:2011年 3月 2日(水)11時33分5秒
  ぱごすけさま。
池田憲章さんの講演会のレポート拝見しました。
レポートの内容から池田さんの「ウルトラQ」への熱い想いと愛が感じられ、とてもうれしかったです。
池田さんは、ウルトラのみならず、1960年代の空想特撮作品に精通された方で、私があこがれる人のひとりです。
そんな方が語られる「金城哲夫」を私も聞きたかった^_^;;

ぱごすけさま、ご報告ありがとうございました。
 

池田憲章さん講演会♪

 投稿者:ぱごすけ  投稿日:2011年 3月 1日(火)22時14分44秒
  先日お知らせした池田憲章さんの講演会、行ってまいりました。
期待通り楽しいひとときでした。
会場はこれでもか、というくらいおじさんだらけ。(ま、すこぉし女性もいらっしゃいましたが・・・)
だけどなんだか、えもいわれぬ連帯感というか、ベクトルを共有しているという一体感のようなものが感じられました。(俺だけかなぁ?)
池田さんは終始おだやかな笑顔でゆっくりと話してくださり、とてもわかりやすいお話でした。
すっかり池田さんのファンになりました。ヘタクソなレポートは下記URLに・・・

http://island.geocities.jp/waniwaniplus/freenotes/ikeda-kinjo.htm

 

飯島監督

 投稿者:大西耕平メール  投稿日:2011年 2月14日(月)11時25分39秒
  吉川さま
上映会の情報、ありがとうございます。
お正月にBS日テレで放映された特番で見た飯島監督はお元気そうでしたね。
上映会に行かれる方は、ぜひ、レポートもよろしくお願いします^_^
 

飯島監督作品上映会

 投稿者:吉川史也メール  投稿日:2011年 2月13日(日)21時21分18秒
  告知させて、頂きます。

観たい映画は、自分で上映する会 第11回上映会
「飯島敏宏 『ウルトラマン』から『金曜日の妻たちへ』」出版
&映画「ホームカミング」公開記念上映会

開催日時 平成23年3月26日(土) 15時~
          3月27日(日) 14時~

会場 シネマバー・ザ・グリソムギャング(小田急線・読売ランド前駅より徒歩7分
神奈川県川崎市麻生区高石3-26-6箕輪ビル1F TEL&FAX: 044-966-3479)

参加費  3月26日  前売り 2,000円(当日 2,500円)懇親会別途
     3月27日  前売り 6,000円(当日 6,500円)懇親会込み

上映作品 「ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT」(2001年公開作品)

トークゲスト 26日 飯島敏宏さん(監督・脚本)鈴木清さん(チーフプロデューサー)
       27日 飯島敏宏さん(監督・脚本)白石雅彦さん(映画ライター)

イントロダクション

TBS時代「ウルトラQ」「ウルトラマン」を監督、木下プロ時代「金曜日の妻たちへ」を演出、そして今年、映画「ホームカミング」公開
その飯島敏宏監督を白石雅彦さんが徹底取材して書き上げた「飯島敏宏 『ウルトラマン』から『金曜日の妻たちへ』」3月8日(予定)出版されます。
これを記念して、上映会を行います。
会場は、お二人に馴染み深い「シネマバー・ザ・グリソムギャング」

上映作品は、飯島監督が32年ぶりにウルトラマンを監督された「ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT」。
21世紀初のウルトラマンに飯島監督が込めた思いとは何だったのでしょう?

26日は、本作でチーフプロデューサーを勤められた鈴木清さんと当時の思い出を伺います。

27日は、「飯島敏宏 『ウルトラマン』から『金曜日の妻たちへ』」を書かれた白石雅彦さんをお招きして出版秘話を伺います。
※ 27日は、懇親会込みのイベントとなりますが、当日、空席がある場合のみ上映会+トークの参加も受け付けます(参加費 2,000円)

ご予約は、メールmitaieiga@gmail.comまたはグリソムギャング(044-966-3479)まで
※グリソムギャングの受付は、PM7:00~9:00(火曜日定休・他不定休もあり)でお願いします。

グリソムギャングHP→http://grissomgang.web.fc2.com/
 

円谷HP

 投稿者:WOO  投稿日:2011年 2月 2日(水)11時32分37秒
  お世話になります。
昨日、円谷のHPが更新されましたね。
ペギラの塗り絵を練習しながら今後に期待しましょう。
http://m-78.jp/q/
 

情報ありがとうございます

 投稿者:大西耕平メール  投稿日:2011年 1月28日(金)16時49分45秒
  ぱごすけさま、ご無沙汰しております。
池田憲章さんの講演会、いいですね。
さらにテーマが、「金城哲夫」とは...
聞きにいきたい...ですが、無理だろうなぁ^_^;;
ぜひ、レポートをよろしくお願い致します。
 

池田憲章さんの講演会があります

 投稿者:ぱごすけ  投稿日:2011年 1月27日(木)23時17分26秒
  忘れた頃にお邪魔するぱごすけです。こんにちは。
来月2月27日(日)に私の地元徳島県の北島町立図書館創世ホールで、フリーライター池田憲章さんの講演会があります。演目は「脚本家・金城哲夫」 泣けてきそうなタイトルです。大阪や東京で行われるイベントなどには滅多に参加できない田舎者にとって、こうした機会はまさしく千載一遇。今から楽しみです!

http://island.geocities.jp/waniwaniplus/freenotes/ikeda-kinjo.htm

 

お知らせ

 投稿者:大西耕平メール  投稿日:2011年 1月 4日(火)16時32分12秒
  昨年、サーバのサービス終了によってジオシティーズのサーバに引っ越しをした本サイト「ウルトラQ全記録」なのですが、元のサーバであったアップルのiDiskは、そのまま使用可能でホームページを作成・公開するサービスは終了しましたが、サイト自体は存続できることが判明しました。更新についても手作業で更新する限り問題なく使えるということで、従来通り、元のURLも稼働しています。また、併せてジオシティーズの方も存在しています。
更新は、元のサイトを優先しています。
今後ともよろしくお願い致します。

※ちなみにサイト内検索は、homepege.mac.com/onishi2/の方のサイトのみ利用可能です。
 

WOOさま

 投稿者:大西耕平メール  投稿日:2011年 1月 3日(月)00時11分32秒
  あけまして、おめでとうございます。
1日のBS日テレの番組で久しぶりに古谷さんを拝見して、お元気そうでうれしかったです。
みなさん、登場されたんですね。
まさしく45年目の「ウルトラQ」。
第一話が放送された45年前の今頃、「ウルトラQ」スタッフのみなさんは、どんなお正月を過ごされてたんでしょうね^_^

>ちらしとか、後ほど郵送でお送りしますね。
ありがとうございます。
でも、あまりお気を使われませんように^_^;

カラーのゴメスも見られたんですね。
キレイでしたか?
今年は、カラー版の「ウルトラQ」全話公開が楽しみです^_^

ご報告、ありがとうございました。

http://homepage.mac.com/onishi2/

 

45th上映会

 投稿者:WOO  投稿日:2011年 1月 2日(日)23時56分41秒
  大西さま。こんばんは。
本日銀座シネパトスの上映会に参加して来ました。
満席での上映で1日楽しんできました。
御三方と飯島監督、古谷さん皆様お元気そうでなによりでした。
当日限定でサイン入りポスターとブロマイドが売られていました。
ちらしとか、後ほど郵送でお送りしますね。

それとサプライズで色付きゴメスの上映が少しだけありました。
俳優さんの顔の色が少し気になりましたが出来はよかったです。
正式発表が楽しみです。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:大西耕平メール  投稿日:2011年 1月 1日(土)23時59分46秒
  まず、ウルトラマン俺さま、ご無沙汰しております。
そして、番組情報ありがとうございます。
たった今、番組を見終わったところです^_^

そして、非常に残念ながら、明日、東京に行くことはできませんでした。
「ウルトラQ」45周年の上映会&トークショーに行かれるみなさん、楽しんできてください。
この掲示板で感想など伺えたらうれしいです。

今年もよろしくお願いいたします。

http://homepage.mac.com/onishi2/

 

元旦に特番

 投稿者:ウルトラマン俺  投稿日:2010年12月27日(月)21時06分39秒
編集済
  BS日テレ 1月1日(土)22:00~23:54 ウルトラマンシリーズ45周年記念特別番組
徹底検証!ぼくらのウルトラマン伝説
~昭和のヒーロー「ウルトラQ」、「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」誕生秘話~

出演:黒部 進、桜井浩子、毒蝮三太夫、古谷 敏、森次晃嗣、ひし美ゆり子
ナレーション:石坂浩二
http://www.bs4.jp/guide/entame/ultraman/
 

フォローありがとうございます

 投稿者:WOO  投稿日:2010年12月 8日(水)17時11分41秒
  山田さま
フォローありがとうございます。同人誌作りでボロボロでした。

イベントは円谷プロのHPにも掲載されました。ちらしも作成中らしいです。
http://m-78.jp/news.php?id=953

コミケ2日目の12/30(木)東4-ロ-09aで先日のウルトラQ本と新刊の
怪奇大作戦別冊2を配布しておりますので宜しくお願い致します。
 

ありがとうございます

 投稿者:大西耕平メール  投稿日:2010年12月 7日(火)07時19分27秒
  山田さま、ご無沙汰しております。
そして、情報、ありがとうございます。
とても行きたいのですが...今のところ、調整がついていません^_^;;
もう少し、がんばってみます^_^

http://www.geocities.jp/ultra_q_1966/

 

ウルトラQ45歳のお誕生会

 投稿者:山田  投稿日:2010年12月 6日(月)23時48分23秒
  大西様
皆様お久しぶりです
山田です
ではタイムスケジュールをお知らせします
=WOOサンお先に~=てか、彼と一緒に行くんです
第1部
11:00~11:50「ガラダマ」『燃えろ栄光」
12:00~12:50『虹の卵』「1/8計画」
13:00~13:45トークショー(主演3人)
13:45~15:00即売会
第2部
15:30~16:20『ゴメスを倒せ!』『SOS富士山』
16:30~17:20『地底超特急西へ』『2020年の挑戦』
17:30~18:15トークショー(飯島監督、桜井浩子)
18:15~19:30即売会
*ゲスト及びタイムスケジュールはやむをえない事情により変更となる場合があります
とのことです
大西さんお見えになりますか?
お会いしたいですねぇ
 

「ウルトラQ 45th Birthday上映会」について

 投稿者:大西耕平メール  投稿日:2010年12月 6日(月)10時29分8秒
  トピックスに情報を掲示しました...が、当日のスケジュールが、いまいち不明です。

WOO様
もし、スケジュールの詳細が判るようでしたら、お教えくださいませんでしょうか?
特に第2部のプログラムで飯島監督と桜井さんのトークショーがあるのか、どうかが既出の情報では不明です。
時間的には、8作品(約4時間)の上映を引いて、残り4時間30分のスケジュールが...^_^;
 

台本全集

 投稿者:zoppy  投稿日:2010年12月 5日(日)22時28分3秒
  WOOさま
貴重な情報ありがとうございます。
ネットで色々と調べましたが、台本全集の出所に関する情報はないですね。
その方がコミケ等で出品活動を続けられており、今後再販して頂くことを願うのみです。

 

レンタル掲示板
/3