teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ホイール

 投稿者:おばら(B310)  投稿日:2013年 3月 7日(木)22時51分45秒 i60-36-244-244.s05.a001.ap.plala.or.jp
  後輪の片側は欠けていますが、なんとかシャフトからは脱落しないのでそのまま使います。

前輪の片側はシャフトの入る部分が完全に粉砕しているので軸付き砥石で断面を平らに削ります。
幸いごく浅くですがシャフトのはいる穴が残ったので、ホイールの表に貫通しないように2mmのドリルで穴を深くします。
ランナーの切れっ端に2mmの穴を開けたものを接着するわけですが、ホイールとシャフトのセンターがずれないようにシャフトを通した状態で接着します。
(流し込み接着剤でデロデロに溶かしてガッチリ接着するわけです)

ホイールはメッキパーツだったんですが、やたらギラギラしていたのと、経年劣化でところどころ剥げていたんで、きれいさっぱりメッキを落とし、8番のシルバーで塗装です。
 
 

モーターライズ

 投稿者:おばら(B310)  投稿日:2013年 3月 5日(火)22時38分12秒 i60-36-244-244.s05.a001.ap.plala.or.jp
  モーターライズなんでスイッチなんかの配線です。

ミニ四駆みたいにガンガン走らせて遊ぶわけじゃなく、キットが販売されていた当時の雰囲気を楽しむためですね。

金具類にサビが出ていましたがテスターでチェックしたところ導通があったのでそのまま使用します。
スイッチ金具が一個欠品だったんで銅板の切れっ端を加工して使用します。
モーターは二度と外すことは無いと思うんで、端子がちぎれた廃棄寸前のモーターを使います。

さすがにオトナなんで全ての金具とリード線はハンダ付けです。
モーターの端子がちぎれていてそれ以外の方法が無いっちゃー無いんですが。

スイッチの金具の固定用の部品が欠品なんでプラ板をテキトーに接着して金具を押さえています。
 

後軸の車高の調整

 投稿者:おばら(B310)  投稿日:2013年 3月 4日(月)22時12分55秒 i60-36-244-244.s05.a001.ap.plala.or.jp
  フロントを低めにしたので、これに合わせます。
元々の車軸の受けを残したまま、それに被せる形で1.2mmのプラ板で車軸の受けを製作し、車軸の中心に1mmの穴を開けます。
最終的に元々の車軸の受けともども2mmの穴を一気に通します。

これで元々の車高から1.5mmほど落ちて車体がほぼ水平になりました。

モーターマウントの片側が欠品だったんでこれも1.2mmのプラ板で製作しています。
 

内装はこんな程度

 投稿者:おばら(B310)  投稿日:2013年 3月 3日(日)23時23分56秒 i60-36-244-244.s05.a001.ap.plala.or.jp
  前出のインパネはボディー側に取り付けることになります。

内装、センターコンソール、シート、シフトレバーを塗装し取り付けです。
特にモールドの追加なんかもないんで黒一色でおしまいです。
ツヤは半つやとつや消しを使い分けていますが。

素朴な感じのシフトレバーはキットのものそのまま。
シートのヘッドレスト裏は後窓から見えるので、見えるトコだけプラ板でふさいでいます。
ところでシートの座面とシートバックを間違えているかもしれないけど、まぁ気にするようなキットでもないし。

センターコンソール左右の床がキズだらけですが、これは一旦完成していたキットを分解したため。
組み立てたらよく見えなくなるハズなんで、そのまま放置です。
 

インパネ

 投稿者:おばら(B310)  投稿日:2013年 3月 2日(土)22時49分19秒 i60-36-244-244.s05.a001.ap.plala.or.jp
  中央下部がえぐれているのは電池をクリアするためのようです。
メーターのモールドなんかも相当デタラメなんですが、そのまま塗り分けます。
こういうところが気になるならフジミを・・・。

メーター周辺のミスターカラーのジャーマングレイを塗った後、針、目盛りをタミヤエナメルの白でチョボ塗り(多少のはみ出しは無視)。
30分ほどしてあらかた乾燥したらミスターカラーのクリアをエアブラシで軽く吹き付け(缶スプレーだと圧力が強すぎてエナメル塗料が流れるので使用不可)。

クリア乾燥後に針、目盛りをエナメルの赤でチョボ塗り、クリア吹きつけ。
メーターリングはエナメルの黒で塗装。はみ出した所は面相筆にエナメル溶剤を少しつけて拭き取り。

スーパークリアつや消しを吹きつけ。
最後に盤面にエナメル黒を塗装、とうか流し込む感じ。はみ出したところは面相筆と溶剤で拭き取り。

乾燥待ちを考えると、恐ろしく時間のかかる方法なんですが綺麗にメーターを筆塗りで仕上げることができます。
 

ナックル

 投稿者:おばら(B310)  投稿日:2013年 3月 1日(金)23時27分43秒 i60-36-244-244.s05.a001.ap.plala.or.jp
  フロントのナックルがまるっきり欠品だったんで、1.2mmプラ板で製作です。
タイロッドエンドは1mmのシンチュウ線、キングピン(?)は2mmのシンチュウ線です。
 

内装2

 投稿者:おばら(B310)  投稿日:2013年 2月28日(木)21時52分32秒 i60-36-244-244.s05.a001.ap.plala.or.jp
  床に貼ってある1.2mmのプラ板は内装の位置決め用、床のケガキ線は内装の室内側。

昔懐かしのモーターライズを生かすつもりなんで、電池BOXをそのまま残します。
(内装の後ろに新設するスペースはあるんだけどね)

すると、シートは収まるんですがセンターコンソールは飛び出しちゃうんでコンソールの前側を切断して納めることにします。
 

内装

 投稿者:おばら(B310)  投稿日:2013年 2月27日(水)21時42分39秒 i60-36-244-244.s05.a001.ap.plala.or.jp
  BBのドンガラでドア上の雨樋のモールドが無かったのでプラ板細切りで追加しています。

内張の類が見事に無いので、コピー用紙で型紙を作り、1.2mmのプラ板で製作です。
寸法ビタビタに作ったんで、突っ込んでおけば特に固定しなくても済みそうです。
特にモールドなんかは掘ったり追加したりしていません。
そういうの気になるならフジミを作れば良いんだしね。
 

下塗りまでの工程

 投稿者:おばら(B310)  投稿日:2013年 2月26日(火)21時53分33秒 i60-36-244-244.s05.a001.ap.plala.or.jp
  特に変わったことはやっていないんですが、
○フロントグリル横の型ズレが大きかったんでプラパテを拾った。
○モールドされていたエンブレム類は全て削り落とし(デカールを製作して貼るため)
○キーホールが省略されているんで、とりあえず穴だけ開けとく。
○ノーズ横のターンシグナル・ランプは削り落として開口(最後に伸ばしランナーでも突っ込む)

まがりなりのも完成していたモノをバラしたんで、サフェーサー1000(一部500も)>ベースホワイト>GXカラーのホワイトと塗っています。
成形色が赤なんですが、やっぱりGXカラーを塗ってもなんとなくピンクっぽい感じがするんで(気のせいかもしれない)最終的に赤でまとめるしかないんでしょうね。
 

クラウンのBB

 投稿者:おばら(B310)  投稿日:2013年 2月25日(月)22時08分32秒 i60-36-244-244.s05.a001.ap.plala.or.jp
  クラウン・モデルのフェラーリ365GT4/BBを制作中です。

子供の頃に製作(?)したものを一旦バラしてやり直しです。
部品の破損や欠品があるので、そのフォローが主な作業になります。
ウインドゥが割れていないのは幸いです(接着剤のはみ出しな激しいですが)。

フジミからキットが出ている以上、この大昔のキットに手を入れる必然性は全くないので「昔のキットはこんなモノだったよね」とサラっと進めてみます。

写真は下塗りまで進んだところ。
 

レンタル掲示板
/34