teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. test(3)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:夢崎  投稿日:2017年 3月 5日(日)18時36分3秒
編集済
  > おっさん さん

> Switch

現時点ではソフト不足が深刻なので、そんなに急いで買う必要もないですな。
Wii Uを持ってなくて、『ゼルダ』がどうしてもやりたいというなら……という感じでしょうか。

私の場合は、当時PS4やXbox Oneを買うのが遅く、それでいくつか仕事を逃したことがあったので、
ゲームライターとしてはやはり早めに所持・熟知しとくべきだなぁ……という反省からというのもあります。

ソフトラインナップを見ると、正直、スイッチの発売はそんなに急ぐ必要もなかったと思うんですが、
やはり年度末ということで、企業としては3月中に出したかったんでしょうかねぇ……。


> GCのF-ZERO GX

ああ、出るといいですねぇ。たしかに。
個人的にはスーパーファミコン版や64の『X』と比べると、
時期が悪かったのか、あんまりやり込めなかった作品なので、出たら改めてやりたいところです。

あとはやはり『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』でしょうか。
最近の任天堂はスマホの『ヒーローズ』といい、
ファイアーエムフレムシリーズをリブートして力を入れているっぽいところがあり、
シリーズ作品がすべてバーチャルコンソール化されている中、これだけがプレミア化しているので……。
Wiiの『暁の女神』も合わせて、全作品をスイッチでプレイできるようになると、
ハード共々、集大成感が出ます。


> abさん

>「不思議な木の実は3つ」って書いてあるけど、ムーンブルク城地下に命の木の実とは別にもう1つ落ちている。

うおっ、ホントだ……。記事を修正し、写真を追加しておきました。
ありがとうございます!

修正中に気付いたのですが、ムーンブルクのいのちのきのみの画像ファイル名が「mbc01」で、
この画像だけがわざわざ「01」と付いていたので、
私の画像制作のクセから、02を想定していたと思われます。
つまり、あのページを作っている途中で忘れたままになっていた可能性が高い。
昔の自分に問い質しに行きたいですね……。


> Wii版公式ガイドはそれだけ見落としているのだ。

こちらも確認しました。たしかに載ってないですね……。

あの攻略ページは大昔に作ったものでして、サイドバーのWii版のアフィリエイトなどは
後から付け足したものでした。
つまり、Wii版の攻略本が出る以前に存在していたページなのですが、
もし、Wii版の攻略本作った人があのページ参考にしていたら、どうしよう……。
 
 

(無題)

 投稿者:ab  投稿日:2017年 3月 5日(日)14時22分39秒
  SFCドラクエ2攻略記事で「不思議な木の実は3つ」って書いてあるけど、ムーンブルク城地下に命の木の実とは別にもう1つ落ちている。
Wii版公式ガイドはそれだけ見落としているのだ。
 

祝!Switchデビュー

 投稿者:おっさん  投稿日:2017年 3月 4日(土)22時18分40秒
  Switchデビューおめでとうございます。うらやましい。
私はOneデビューしてソフトを買いまくったり、
PS4のアップデートに備えて外付けHDDを購入してしまったりしたので完全に予算OVERですわ。

でもSwitch発売前にウワサになっていたゲームキューブのVC化がものすごく気になってるんですよねぇ。
GCのF-ZERO GXは個人的に人生で5本の指に入るレースゲームなので、
もしあれがSwitchのVCで遊べるならそのうち間違いなく購入することになりそうですが・・・
 

(無題)

 投稿者:夢崎  投稿日:2017年 2月23日(木)01時56分0秒
編集済
  > 雪の迷路編で、1回のプレイで同じルートを2回通ると、2回目以降には文章と選択肢が若干変化しますが(引き返すことにした→南へ進んだ 等)
> 金のしおりにする際はこの違いも埋められましたでしょうか?覚えておられたら教えて下さい。。

雪の迷路編は、確実に文章が変わらなくなるまで何度も何度も行き来しました。
確証はありませんが、金にならないとすると、そこかもしれないですね……。

昔、スーパーファミコン版の金のしおりは「すべての文章を見る」が条件である、と言われていましたが、
犯人入力画面ですべての人物名を入れる必要がないなど、正確には微妙に見なくてもよい文章もあります。

しかし基本的には「すべての文章を見る」つもりで進めるとよいと思いますので、
やはり、違う選択肢を選んだら何かしらのエンドまでいく、
ということを徹底して、不安要素を潰していくのがベストかもしれません。
もし、やり直すのでしたら、攻略ページのチェックリストもご活用くだされー。


> 「はげ」や「でぶ」が通るのは今時の若者向けということでしょうか(笑)
> 輪廻彩声ではジェニーが通るようになったのが嬉しかったです。

透の一人称を追加で調べていたのですが、まさか「てまえ」や「まろ」まで通るとは思いませんでした。
誰がこんなの入れるんだ。

ジェニーはなんというか「やっと!」という感じでしたね。
トリック解説の選択肢で「雪かジェニーか」みたいなものもありますし、
推理モノ初心者的には一度は入力したくなる名前のはずなのに、何も変化がないのがむしろ不自然でした。
それがついに……という感じと、なんと専用のトロフィーまで用意されて……。

 

(無題)

 投稿者:マイコー  投稿日:2017年 2月23日(木)01時32分12秒
  夢崎さん

早急のご対応ありがとうございます。
フローチャート修正されたこと確認いたしました!
当方はSFC版が未だに金にならず。。
選択肢はすべて埋めたつもりでいたのでルートの問題かと思ったのですが、、やり直すしかないかと葛藤中。。

ちなみに質問なのですが、、
雪の迷路編で、1回のプレイで同じルートを2回通ると、2回目以降には文章と選択肢が若干変化しますが(引き返すことにした→南へ進んだ 等)金のしおりにする際はこの違いも埋められましたでしょうか?覚えておられたら教えて下さい。。
(この違いも輪廻彩声で気づいたのですが。。)

犯人入力などの追加も御苦労様です。。
「はげ」や「でぶ」が通るのは今時の若者向けということでしょうか(笑)
輪廻彩声ではジェニーが通るようになったのが嬉しかったです。
 

(無題)

 投稿者:夢崎  投稿日:2017年 2月22日(水)20時26分19秒
  > マイコーさん

ご指摘いただいたフローチャートの線は確認がとれましたので、
攻略ページを修正・追記しておきました。ありがとうございました。

あと、『輪廻彩声』の犯人入力画面で新たに通るようになった名前や、
啓子が見たいテレビ番組ヒストリーも「豆知識」のページに追記しておきました。
 

(無題)

 投稿者:夢崎  投稿日:2017年 2月22日(水)18時56分42秒
  > マイコーさん

初めまして! ネットの海の無人島みたいなサイトにようこそ……。


> 1点、PS版フローチャートにもれがございました。
> 86と92の間、90の香山指名ルートが集束する下の箇所に、一度右に分岐して戻る線があります。
> おそらく65で決死隊に参加した場合にテキストが変わるので、そのルートと思います。

なんと! まだ漏れがあったとは……ありがとうございます。
早速、確認してみます。


> (フローチャートからひとつの推理に飛ぶと、決死隊に参加していないことになります)

これ、今回の輪廻彩声での達成率を埋めるのに、地味に重要な点でしたね……。


> 輪廻彩声ではその線は描かれてませんでしたが…

輪廻彩声での相違点もまとめて載せねば……と考えているところですが、
たしかに、フローチャートはPS1版とは微妙に異なっていますね。
2回目の犯人入力画面で、一番右端の線が引かれなかった気がします。
各章に付けられている番号も微妙にズレているので、全部チェックするのはなかなか大変そうです。

とりあえず、犯人入力名で香山に「はげ」、啓子に「でぶ」が追加されてるのは
「なぜ今更こんな単語を……」という意味で、ちょっと笑いました。
 

はじめまして

 投稿者:マイコー  投稿日:2017年 2月22日(水)11時00分49秒
  SFCからのユーザーです。
輪廻彩声をプレイし、SFC版を金のしおりにできてきないと思い検索からこちらに辿り着きました。
犯人入力は全員必要ないとのことで、勇気をもらいました…!

1点、PS版フローチャートにもれがございました。
86と92の間、90の香山指名ルートが集束する下の箇所に、一度右に分岐して戻る線があります。
おそらく65で決死隊に参加した場合にテキストが変わるので、そのルートと思います。(フローチャートからひとつの推理に飛ぶと、決死隊に参加していないことになります)
輪廻彩声ではその線は描かれてませんでしたが…
ご確認下さい。
 

(無題)

 投稿者:夢崎  投稿日:2017年 2月20日(月)18時16分49秒
  あのクソ長いのを読んで頂き、ありがとうございます。

最後のほうはもう「あれ? なんか同じことさっきも書いたような……」みたいな感じになってきてました。
いずれ見直して、要らん部分はカットしていけたらなあと思います。


>「オリジナルのみをやった人」と「リメイク版のみをやった人」で
> 初代かまいたちに対する評価が大きく変わってしまう危険性がある、と危惧

基本、古い物は時間経過と共に淘汰されていきますし、
シルエット版は今でも入手手段があるとはいえ、
Wii UのバーチャルコンソールとPS3のゲームアーカイブスは、もはや一世代前のハードのコンテンツ。
既読スキップなどもないので、若い世代が今やると結構キツいはずです。

そうなったとき、イラストということで「入っていきやすそう」というイメージを持ち、
最も手軽に遊べるのはVita版になってしまいます。
そして、それで味わった人が「『かまいたちの夜』ってこういうものなんだ」と思ってしまうことが、
もったいない、悲しい……という声は上げておきたいなと。


『かまいたちの夜2』のような「進化したシルエット」と、
今回のような既読スキップ機能を組み込んだ「遊びやすさの追求」。
この2つだけで良かったと思うんですよね。
別に若い世代がシルエットを受け付けないってこともないでしょうし、
ファンは決定版として買うでしょうし。

イラストにするのもいいけれど、ちょっと考えただけでイラストレーターの労力がエラいことになるのは目に見えている。
その労力プラス、絵柄によってはそれだけで受け付けない人も出るわけで、
そのへんのリスクや、殺人事件という題材なら当然出てくる死体などのグロい場面を考えても、
シルエットはそれら全部をクリアーできる、見事な選択だったわけです。

むしろ、そういう考えを経て、スーパーファミコン版はシルエットになったものだと思っていたので、
今回のリメイクを聞いたときはやっぱり「えっ!?」となりました。「大丈夫なの?」と。
んで、大丈夫ではなかったというお話ですな……。
 

読みごたえ抜群

 投稿者:おっさん  投稿日:2017年 2月20日(月)09時20分0秒
  リメイク版かまいたちのレビューお疲れ様でした。
元々興味があったので期待してましたが、読みごたえ抜群の内容だったので
夢中で一気に全部読んでしまいました。

自分でプレイしたわけではないのであまりえらそうな事は言えませんが読んでいて一番感じたのは、
「オリジナルのあの得体の知れない緊迫感をおそらくほとんど再現できてねえなコレ」という事です。
オリジナルの素晴らしい点はやはり小説を読むだけでは味わえない、
小説+ゲームならではの演出による相乗効果が生み出す躍動感や緊張感だと私は思ってるのですが、
そこが大幅に減退してしまっているというのは非常に残念ですね。
「オリジナルのみをやった人」と「リメイク版のみをやった人」で初代かまいたちに対する評価が
大きく変わってしまう危険性がある、と危惧されるのも当然だと思います・・・
 

レンタル掲示板
/34